新潟 釣りの道具箱 うまい魚と釣りの旅

エメラルダス ハンドルノブ交換してみた 純正・エギングウッド・アルミノブで見た目の比較

タックル・釣り道具

人間は地球の回復力を助ける以外はしてはいけない

というわけで、クワトロ大尉のこのセリフはまさに今の我々に必要な言葉だと思うMr.クロオビです。

エメラルダス ハンドルノブ交換

どの釣りでもハンドルノブを交換してカスタマイズをするのは楽しみの一つです。

特にこのエギングについてはリールバランスを気にされて交換する方や操作性を重視して交換される方がほとんどではないでしょか。

今回は、

・ダイワ 純正

・ダイワ エギングウッドノブ

・海外製 社外 アルミノブ

を比較してみたいと思います。

エメラルダス 純正ハンドルノブ


当然バランスがよく設計されているわけで抜群のスタイルです。


ダブルハンドルのキモとなるノブとノブの距離感も、この大きさだからこそ抜群の操作性を発揮しています。


ただ単にエメラルドグリーンを使っているのではなく、上位機種きはエメラルダスエンブレムも施されています。


EVAグリップにより滑り止めにも対応。更に軽量であり、操作に一役買っています。

ダイワ エギングウッドノブ


木製なのでなかなかダイワ製でも中心を出しにくいようで真が出ていない物もありました。
木は常に呼吸をしているので変形というよりは変化なんでしょうね、多少のゆがみはご愛嬌!

エメラルダス エギングウッドノブ ハンドルノブ 交換
ノブとノブ間は握り手の部分のボリュームがある為に狭く感じます。


実際に回したりジャークやシャクリを行ってみた感じは、やはりボクの様に手の大きい釣り人にはやや使いにくい感じがしました。
手に伝わる感度は若干下がるように感じました。


握り手が大きいので手元を見ないでもスッとノブに手がかかります。
「味」で言うのであれば抜群に味のある物だと思います。
楽天市場・AMAZON


海外製 社外アルミノブ


多くの材質のノブが各社より販売されていますが、こちらは「アルミ」製です。
金属の中でも軽量であることが強みです。

エメラルダス ハンドルノブ交換
エギングにおいてタックル(釣り具、竿・リール)が軽量であることは、長時間の操作や力に自信の無い人方のメリットになります。


ノブとノブの距離感は広く感じます。
ノブ自体が細いのでアオリイカが掛かった際のリーリング(リールを巻く)は「やや重く」感じますが感度は上がります。


回転時は対するハンドルノブが邪魔にならずに操作性は抜群です。
色は薄いブルーグリーンにしてまとまりをつけました。

楽天市場・AMAZON


エメラルダス装着

実際にロッドに載せてみると

趣がかわりますね。

よりメカニカルな感じになりました。

エギングウッドノブの時は、ノスタルジックな感じになりました。

操作性と感度を重視して今回は海外製 社外アルミハンドルノブにしました。

細かなチューンナップは楽しいですね。

外見の変化って言うのも釣りをする上で重要ですからね!

楽しんでいきたいと思います。

関連記事

特集記事

コメント

    • G
    • 2020.09.19

    質問失礼します。
    アルミノブはどちらで購入されたのでしょうか?同じカラーの探してます。

      • Mr.クロオビ
      • 2020.09.23

      G様
      お返事遅くなり大変申し訳ありませんでした。
      こちらの「アルミノブ」はフリマアプリ「メルカリ」で購入いたしました。
      確認いたしましたところ、2020年9月23日現在で販売しておりました。
      海外製ではありますが出来は良く非常に扱いやすいノブです。
      価格変動はありますが、2個で3000円~3500円くらいです。
      ご確認くださいませ。

TOP